安定した収益のために

マンション投資に興味がある方の中には、サラリーマンも多いようです。経済危機や景気後退の中、サラリーマンにとっては会社からの給与や賞与が下がってしまうなど、非常に厳しい状況にあります。そんな中、色々な方法で副業が試みられていますが、マンション投資は安定して利益(収入)を得られるので人気があります。

 

しかし、マンション投資を行っていることを会社にバレたくない、知られたくないと思う方が大半です。会社の先輩や上司はもちろんのこと、同期や後輩にも知られたくないものです。一旦知られてしまうと、すぐに噂が広がってしまって肩身が狭くなってしまいます。

 

誰にも知られたくないので、黙っていれば分からないと考えることは自然なことです。しかし、本当にそうなのでしょうか?一般的なサラリーマンの場合、会社から給与を支給されると、保険料や税金が天引きされた状態で銀行口座に振り込まれます。ここでポイントになるのが「税金」です。税金は所得に対して計算され、何かしらの副業をしていると、その分の税金が徴収されます。その際、給与明細を見てみると「特別徴収」という形で引かれています。財務担当者からすると、これは何かやっているな!と感づいてしまいます。

 

そこで「普通徴収」という名目で税務署に申告しておくと、会社からの給与天引ではなく、自分で直接税金を支払う方法に変更出来ます。この方法なら、会社にバレることなくマンション投資を行うことが出来ます。