安定した収益のために

不動産投資といえばアパートやマンションといった収益物件を購入して行うものというのが一般的なイメージでしょう。しかし実際にはほかにもさまざまな選択肢があります。

 

アパート・マンションを一棟丸々購入して経営を行うには多額の費用が必要になります。またうまく入居者を確保できれば安定した収益を上げられる反面、失敗すれば損失も大きくなります。この方法はハイリスクハイリターンな面があり、初心者には向かない面もあるのです。

 

より少ない資金で投資をはじめることができる方法にはマンションの分割所有があります。これはマンションの一戸、あるいは一フロアを購入して他の利用者に貸し出す方法です。建物まるごと購入する必要がないため費用が少なくなりますし、管理もそのマンションの管理会社が行ってくれるので負担は最小限。はじめて不動産投資を行おうと思っている人に向いている方法といえるでしょう。

 

もうひとつの方法として投資信託があります。これは不動産を投資対象としているファンドのことで、実際に不動産を所有するのではなく、ファンドへの投資を通して不動産を所有することになります。メリットとしては少額ではじめることができる点、購入する物件の選択はプロが行う点などが挙げられます。もっとも安定した収益を得られる方法といえるでしょう。ただその分収益性が低くなります。このように、資金力や経験、リスクの有無に合わせて不動産投資にはいくつかの選択肢が存在しています。自分に合った方法を選んではじめてみてはいかがでしょうか。